Faqs

よくあるご質問

太陽光発電の2019年問題とは何ですか?

2019年問題とは、2019年11月から固定価格買取制度の保証期間が過ぎる一般家庭がでて、売電価格が下がるとされている問題の事です。

住宅用太陽光発電は固定価格買制度によって、10年間は売電価格が保証されています。固定価格買取制度は2009年11月に開始されました。

固定価格の買取が終わると、もう電力を売れなくなるの?

固定価格買取制度自体が2019年に終了するわけではありません。

その後の買取単価は一般送電事業者の設定単価となり、現状の2割程となります。

買取期間が過ぎて、何もしなかったらどうなるの?

買取期間満了後の契約が自動契約となっている場合は、新しい単価で継続して買取が行われます。

契約が自動継続となっていない場合は、いずれかの小売電気事業者へ申し込み、買取契約を結ばないと余剰電力は一般送電事業者が無償で引き受けることになります。

買取期間終了後に、電力を有効に活用するには?

蓄電池を設置して自家消費する事をおすすめします。

分からないことがあれば、お気軽に三橋電設までご相談ください。

三橋電設の業務メニュー

個人のお客様

for personal use

法人のお客様

for business use