太陽光発電の2019年問題とは何ですか?

2019年問題とは、2019年11月から固定価格買取制度の保証期間が過ぎる一般家庭がでて、売電価格が下がるとされている問題の事です。

住宅用太陽光発電は固定価格買制度によって、10年間は売電価格が保証されています。固定価格買取制度は2009年11月に開始されました。